1月の旬魚〜赤魚鯛(あこうだい)の「栄養価と効能」「料理レシピ」   

     
暦〜本年        TOPへ      暦〜過去未来 
    暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典    
     

1月の旬魚〜赤魚鯛(あこうだい)の「栄養価と効能」「料理レシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれていることに影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は四季に恵まれた素晴らしい国です
        
桜と富士山    日本の春  日本の夏  四季の区分  日本の秋  日本の冬    全国のお祭り 
 日本の四季の自然の恵み農作物や海産物を「旬」と称して美味しく食べる〜栄養価と効能/レシピまで        記念日や誕生日プレゼントに 
 旬の野菜
旬の魚  旬の貝   和食の基本マナ― 箸の正しい使い方  暦こよみ〜誕生日花と誕生石 
     
HOME 
日本の暦いろいろ
 ・暦こよみ〜本年
 ・暦〜過去・未来
 ・暦〜誕生日花と誕生石
・アクセサリーの意味 
・花の通販&宅配 
●暦に記載されている〜
用語解説
旧暦について 
・月の朔望と潮回り
(潮名・干満時刻)について
九星について
六輝・六曜
(ろっき・ろくよう)について
干支(えと)/十干(じっかん)
/十二支(じゅうにし)について
 
日本の年中行事について
五節供について
・二十四節気について  
雑節について
選日について
年末年始について
国民の祝日と休日について 
便利な和暦・西暦早見表 
 
日本の四季と自然のめぐみ
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
 
日本の行事と文化 
・日本の年中行事について 
・行事と食文化について 
・年末年始について 
●五節句(節供) 
・五節句について 
・人日(じんじつ)の節句 
・上巳(じょうし)の節句 
・端午(たんご)の節句 
・七夕(たなばた)の節句
・重陽(ちょうよう)の節句 
 
・和食の基本マナ―について 
・箸の正しい使い方について
日本で生まれ伝承されて
 いる料理
 
・寿司について 
・全国の汁物について  
・夏の伝統素麺について 
・土用「丑の日」について 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 
日本の旬食材農作物と
 海産物
 
●旬の野菜 
・旬の月〜野菜 
・旬野菜56種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の魚 
・旬の月〜魚
・旬の魚55種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類の
栄養成分比較とその効能
 
●旬の貝 
・旬の月〜貝
・旬の貝12種類の「栄養価
と効能」「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類の
栄養成分比較とその効能
 
 
日本全国のお祭り
・日本全国の祭り月間の索引 
・日本三大祭りいろいろ 
・日本のお祭りについて 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化遺産登録
祭り山、鉾屋台行事、33件)
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の情報及び
Webサイトを検索し表示します
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール 

≪旬の魚≫

 1月の旬〜赤魚鯛(あこうだい)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」ページです
 
  旬の魚時期と「栄養価と効能」「レシピ」〜検索のページへ →こちらから
 旬の魚月のページへ→1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 
昔から赤魚の名で流通しており、刺身、洗い、味噌漬け、粕漬、塩焼き、煮付け、椀だねなどに幅広く利用されている。産卵期前の晩秋から冬にかけて味がよい。水分が多く、身が崩れやすいので、煮付けたり、味噌や粕に漬けてから焼いたりすると、身が締まっておいしくなる。
五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から
赤魚鯛(あこうだい)    
  栄養成分  単位  生   栄養成分  単位     栄養成分  単位    
脂肪酸飽和  0.23 マグネシウム   24  ビタミンB2    0.04
脂肪酸
一価不飽和 
g  1.19  リン   170 ビタミンB6    0.05
脂肪酸
多価不飽和 
g  0.27  鉄   0.3 ビタミンB12  μg  0.7
 エネルギー  kcal  389  亜鉛    0.4 ナイアシン    1.1
三大栄養素
 たんぱく質 
g  16.8  銅    0.02  葉酸  μg 
 三大栄養素
脂質
g   2.3 マンガン    パントテン酸    0.35
三大栄養素
炭水化物
 g 0.1  ビタミンA
 レチノール
 
μg  26 コレステロール   56
ナトリウム 75 ビタミンD μg 1.0 食塩相当量    g   0.2
カリウム 310 ビタミンE
 トコフェロールα
3.4    
カルシウム 15  ビタミンB1 0.11      
                 
・旬の時期・鮮度の見分け方・保存方法        
         
 ・赤魚鯛(あこうだい)に含まれる栄養成分、主な有効成分と効能       
         
・調理のポイント         
                 
         
1月の旬〜赤魚鯛(あこうだい)の料理レシピ   
   
 赤魚鯛(あこうだい)の煮つけ  
器に盛り付けるのは熱いうちは崩れやすいので、少し冷ましてから     
♪材料(4人前)@赤魚・4尾(小、冷凍もの)A小松菜・1/2束Bしめじ・1パック 
♪調味料ほか@だし汁・250mlA酒・100mlBみりん・大さじ4 
C砂糖・大さじ2Dしょうゆ・大さじ5E土生姜・1片
 
♪そのほか(下拵えなど)
@赤魚は冷蔵庫又は常温において半解凍にして、サッと水洗いをして水気を切って
身の厚い部分に切りこみを入れます。
A小松菜は水洗いをして熱湯でサッと茹でて水にとり、粗熱が取れれば水気を絞って根元を
切り落として3〜4pの長さに切ります。
Bしめじは石づきを切り落として小房に分けます。 
C土生姜は皮をむき、せん切りにします。
 
♪作り方と食べ方
@鍋にだし汁を入れて強火にかけ、煮立ったら酒、みりん、砂糖、しょうゆと土生姜、
赤魚を入れて煮ます。
A再び煮立ったら、クッキングシートかアルミホイルなどで中央に穴をあけて落とし蓋をして、
全体に煮汁がまわるように、ふきこぼれない程度に火を加減して、煮汁が半分ぐらいに
なるまで煮込みます。
B鍋のあいた所にしめじを入れて、しんなりするまで煮て次に小松菜を加えます。
C煮汁をからめて火を止めます。少し冷めるまでそのままにしておきます。
*熱いうちは魚が崩れやすいので少しさめてから器に盛りつけをします。
D器に盛りつけます。フライ返しなどを使って盛りつけをします。
しめじ、小松菜、生姜を盛りつけ残った煮汁をかけて出来上がりです。
 
♪栄養価一人分@熱量:197kcalA塩分:g 
 赤魚鯛(あこうだい)と根菜の煮つけ   
魚は霜降りしてから煮ると臭みが気になりません。 
♪材料(4人前)@赤魚鯛・1匹(冷凍物)A大根・200gBごぼう・1/2本 
♪調味料ほか@水・2カップAだし昆布・2枚(5p角)Bしょうゆ・大さじ3
C砂糖・大さじ2と1/2D酒・大さじ4E生姜・3枚(薄切り)F木の芽・適量
 
♪そのほか(下拵えなど)
@赤魚鯛は冷蔵庫で自然解凍するか、ビニール袋などに入れて流水で解凍します。
うろこを取り、二枚におろして切り身にします。皮に切り目を入れます。
Aだいこんは皮をむいて、半月切りか輪切りにし面取りをします。
Bごぼうはこそげて3〜4pに切り、たたいて潰します。 C大根とごぼうを下茹でをします。
D大根を茹でた湯に、赤魚鯛を入れてサッと茹でて素早く氷水にとって冷まし水気を切ります。
♪作り方と食べ方
@鍋に水と昆布を入れて火にかけて、調味料を入れます。
A煮立ったら生姜を入れて大根、ごぼう、赤魚鯛を入れて、落とし蓋をします。
B大根が柔らかくなり、全体に味がしみ込んだら、器に盛り付けて木の芽
(又はパセリでもOKです)を散らして出来上がりです。
 
♪栄養価一人分@熱量:kcal、A塩分:g  
  赤魚鯛(あこうだい)と茄子の揚げだし  
 片栗粉を付けるときに、良く付け良くはたくがコツです付け方が足らないと焦げてしまいます。 
♪材料(2人前)@赤魚鯛(他の赤魚)・1尾(250g)A茄子・2本  
B青菜(季節によっては菜の花)・1/2束
 
♪調味料ほか@大根おろし・適宜Aだし汁・180CCB薄口しょうゆ・大さじ2
Cみりん・大さじ1D砂糖・少々E塩・少々F味の素・少々G揚げ・・適宜H片栗粉・適宜
  
♪そのほか(下拵えなど)
@赤魚は30g位にカットして、皮目に切れ目を入れておきます。
A茄子は縱半分に切り、食べやすい大きさに切ります。
B菜の花は1/2切り、さらに茎の太い部分は縱1/2切ってから、たっぷりのお湯に塩を入れ、
1分程度茹で、冷水に冷ましておきます。
 
♪作り方と食べ方
@鍋に調味料を入れ沸かして、揚げ出しの汁を作ります。
A鍋に揚げ油170℃に熱し、赤魚に軽く塩で味を付け、片栗粉をまぶして、揚げます。
B茄子も片栗粉をまぶして揚げます。
C深めの皿に、揚げた赤魚と茄子を入れ、だし汁をかけて、青菜(菜の花)と大根おろしを
飾って出来上がりです。
 
♪栄養価一人分@熱量:kcal、A塩分:g  

Copyright (C) 2019〜2027  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved        
  【PR】