7月の旬魚〜鰻(うなぎ)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

 日本のシンボル 「桜と富士山」 
暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典      

1ページ目7月の旬魚〜鰻(うなぎ)の「栄養価と効能」「料理のレシピ」

日本の四季は世界で一番大きな大陸と海に挟まれている事に影響しています。島国であり四季がはっきりしていておよそ3ヶ月ごとに
変わり「春は桜」「夏は海」「秋は紅葉」「冬は雪」とそれぞれ四季の特徴を楽しむという気質もあります。日本は素晴らしい国。
      
春2月4日頃〜 夏5月6日頃〜  ▼春▼夏▼秋▼冬 秋8月8日頃〜   冬11月7日頃〜   日本の四季の区分について
                二十四節気について  
  雑節について
  日本全国2770ケ所のお祭り 
春・夏・秋・冬と季節の自然の恵み「農作物」や「海産物」を「旬」と称して美味しく食べるのも日本料理の特徴と言えるでしょう。      
日本の年中行事 旬の野菜検索へ  旬の魚検索へ   旬の貝検索へ    五節句(供)について  過去・未来の暦
            和食の基本マナ-について   
  箸の持ち方・使い方について 
  寿司(鮨・鮓)について
      

HOME


日本の四季
 
・日本の四季の区分
・春は2月4日頃〜
5月5日頃まで
 
・夏は5月6日頃〜
8月7日頃まで
 
・秋は8月8日頃〜
11月6日頃まで
 
・冬は11月7日頃〜
2月3日頃まで
 
・二十四節気 
・雑節 
 

日本の行事と文化 
・日本の年中行事 
・行事と食文化 
・年末年始について 
〇五節句(節供) 
・五節句 
・人日(じんじつ)
の節句
 
・上巳(じょうし)
の節句
 
・端午(たんご)
の節句
 
・七夕(たなばた)
の節句
 
・重陽(ちょうよう)
の節句
 
 
・和食の基本マナ―
について
  
・箸の正しい使い方
について
  
 

日本で生まれ
伝承されている料理
 
・寿司について 
・全国の汁物  
・全国の伝統素麺 
・土用「丑の日」 
・秋が旬きのこ料理 
・冬の鍋料理 
・郷土鍋料理 
 

日本の旬食材
農作物・海産物
の索引
 
〇旬の野菜 
・旬月の野菜〜索引 
・旬野菜56種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬野菜10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の魚 
・旬月の魚〜索引 
・旬の魚55種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
・主な旬魚10種類
の栄養成分比較と
その効能
 
〇旬の貝 
・旬月の貝〜索引
・旬の貝12種類の
「栄養価と効能」
「料理レシピ」索引
 
・主な旬貝7種類
の栄養成分比較と
その効能
 
 
 
日本全国の祭り
・日本全国の祭り
月間の索引
 
・日本三大祭り
いろいろ
 
・日本のお祭りに
ついて
 
・京都の祭りと行事 
・ユネスコ無形文化
遺産登録祭り山、鉾
屋台行事、33件)
 
 
〇誕生日祝い 
・誕生花と誕生石 
・アクセサリー
の意味
 
・花の通販&宅配 
 
〇暦〜用語など 
・過去と未来の暦 
・国民の祝日と休日 
・六曜 
・干支 
・選日 
月齢と月の呼び名 
 
〇リンク集 
お役立ちリンク集1 
お役立ちリンク集2 
お役立ちリンク集3 
お役立ちリンク集4 
お役立ちリンク集5
お役立ちリンク集6 
お役たちリンク集7 
お役たちリンク集8 
インターネット上の
情報及びWebサイト
を検索し表示します。
 
〇当サイトについて
管理人プロフィール
 


≪旬の魚≫

 1ページ目の鰻(うなぎ)の「栄養価と効能」についてのページです。

@ページ目”旬魚鰻(うなぎ)”について

@鰻(うなぎ)について 

 A鰻(うなぎ)の食べ方いろいろ   

B鰻(うなぎ)の料理レシピへ
 

ウナギは土用「丑の日」に食べるのが一般的だが、天然のウナギは秋に川から海に下る「くだりもの」が太って味がよい。ウナギが夏バテによいことは有名である。ウナギには消化吸収のよいタンパク質と脂肪が多く、ビタミンAも豊富に含まれている
      
鰻(うなぎ)五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から         
  栄養成分  単位  鰻(うなぎ)   栄養成分  単位  鰻(うなぎ)
養殖、生 きも、生 白焼き かば
焼き
養殖、生 きも、生 白焼き かば
焼き
脂肪酸
飽和 
4.12 1.20 6.59  5.32   ビタミンA
レチノール
μg  2400 4400 1500  1500
脂肪酸
一価不飽和 
g  8.44 1.80 11.95  9.85    ビタミンD μg   18.0  3.0  17.0  19.0 
脂肪酸
多価不飽和 
g  2.89 0.93 3.10  3.39   ビタミンE
トコフェロールα
7.4 3.9 5.3 4.9 
 エネルギー  kcal  255   118 331  293   ビタミンB1 0.37 0.30 0.55 0.75 
三大栄養素
たんぱく質
 
g  17.1  13.0  20.7  23.0   ビタミンB2 0.48 0.75 0.45 0.74 
 三大栄養素
脂質
g   19.3  5.3  25.8  21.0   ビタミンB6 0.13 0.25 0.09 0.09 
三大栄養素
炭水化物
 g 0.3  3.5  0.1  3.1   ビタミンB12 μg    3.5  2.7  2.7  2.2 
ナトリウム 74 140 100 510   ナイアシン 3.0 4.0 3.5 4.1 
カリウム 230 200 300 300   葉酸 μg   14  380  16  13 
カルシウム 130 19 140 150   パントテン酸 2.17 2.95 1.16 1.25 
 マグネシウム 20 15 18 15  コレステロール  230 430 220 230
 リン 260 160 280 300   食塩相当量   g   0.2  0.4  0.3  1.3
 鉄 0.5 4.6 1.0 0.8             
 亜鉛 1.4 2.7 1.9 2.7             
 銅 0.04 1.08 0.04 0.07             
 マンガン 0.04 0.08 0.04            
 栄養成分 単位 鰻(うなぎ)  栄養成分 単位 鰻(うなぎ)
養殖、生 きも、生 白焼き かば
焼き
養殖、生 きも、生 白焼き かば
焼き

魚の脂肪は主に多可不飽和脂肪酸です。

主な魚の脂肪酸比較(五訂増補日本食品標準成分表(可食部100g当たり)から)

  栄養成分
/魚名 

単位


うなぎ


まぐろ
脂身

 秋刀魚
さんま


さば
 

太刀魚
たちうお

 鰤
ぶり

 鰆
さわら


あじ 


いわし 

 鰹
かつお

白焼き

生 

生 

秋獲生

 

焼き

生 

生 

生 

秋獲生

飽和
脂肪酸

6.59

5.79 

4.23 

 4.31

5.83

3.98

2.14 

2.16 

3.84 

0.25

一価不飽和
脂肪酸

g 

11.95

11.27 

10.44 

10.29

7.26

5.17

3.26 

3.07 

2.80 

0.29

多価不飽和
脂肪酸和

g 

3.10

5.63 

4.58 

6.76

3.87

4.52

2.30 

1.89 

3.81 

0.19

 

 

 

 みなみ

 

大西洋
鯖 

 

 成魚

 

 大西洋


いわし 


DHA「ドコサヘキサエン」とEPA[エイコサペンタエン酸」について
DHAは「ドコサヘキサエン酸」と言います。n−3系多価不飽和脂肪酸に属する脂肪酸です。
@DHAの働きは、悪玉コレステロールと言われるLDLコレステロールを減らし、善玉コレステ
ロールと言われるHDLコレステロールを増やしてくれる作用が期待できる脂肪酸です。
ADHAの健康効果は、脂肪酸合成に関わる酵素の活性を低下させる作用があることから、
脳血管疾患や虚血性心疾患、高血圧、動脈硬化といった疾患の予防や改善効果が期待できる
のです。また、神経組織の発育や機能維持を助けてくれる働きから認知症の改善も期待できる。
EPAは「エイコサペンタエン酸」と言います。n−3系多価不飽和脂肪酸に属する脂肪酸です。
@EPAの働きは、血管を拡張させる作用があることもわかっています。これは高血圧の予防や
改善につながる働きです。
AEPAの健康効果は、現在アトピー性皮膚炎や花粉症、気管支ぜんそくなどのアレルギー症状
の予防や治療への効果も研究が進められています。


「日本食品標準成分表2015年版(七訂)脂肪酸成分表編」参考

 DHA/EPAを多く含む魚  

魚名 

  DHA量(r)

EPA量(r) 

目安として 

 鮪(まぐろ)脂身

3,200

1,400

厚生労働省が発表したn-3系脂肪酸の
1日の摂取目安量は、
男性は、2.4g、女性は2.0g、
(但し50〜69歳の場合
となっています。)
1日の摂取目安量の参考として
@刺身なら
・鮪トロで2〜3切れ
・ぶりで4〜5切れ
A焼き魚なら
・秋刀魚で約1尾
・小型鰯で約2尾
B缶詰なら
・鯖水煮缶190g
・鰯の蒲焼缶100g
  

鰤(ぶり)

1,700

940

秋刀魚(さんま)

1,600

850

太刀魚(たちうお)

1,400

970

鰻(うなぎ)養殖

1,100

580

鰆(さわら)

1,100

340

 鯖(さば)

970

690

鰹(かつお)秋獲り

970

400

 かます

940

340

鰯(いわし) 

870

780

 金目鯛(きんめだい)

870

270


旬魚の時期と「栄養価と効能」〜「レシピ」検索のページヘ →こちらから

”鰻(うなぎ)”について 
柔らかい  硬い
     
 うなぎの産地は
国別は国内産、中国産、台湾産、
国内は鹿児島産、宮崎産、徳島産、高知産、三河産、静岡産、浜名湖産、
とスーパーの店頭では色んな産地の名前が表示されている。
 
 良い活魚とは
皮が柔らかく、身に味があり、適度に柔らかく、臭いなく、
適度に脂が多く、小骨の細いもの。
うなぎはほとんどが養殖、天然に比べれば比較的品質は安定しています。
 
 
 軟らかい鰻の特徴は  
お腹のあたりの薄い肉の部分が上を向いて巻いている
全体のバランスは少し幅広な感じ、
これが皮の軟らかい鰻の特徴です。
  
     
 陳列されてるうなぎの特徴は
表面にざらざら感があって、幅広めぺたっとしているものは
よく焼けていて美味しい。
うなぎはよく焼け、焼かない鰻は美味くないこれが鰻の基本です。
 
 
     
なんでわざわざ炭で焼くのか    
市場には炭火焼きと表示の商品がありますが、大半がガス焼きラインの一部に炭を敷き詰めて炭とガス併用焼きです。表面はサクッと中はふっくら仕上がり美味しいんです。焼き上がりの中心温度は100℃以上にまで上がります。ガス焼きで上げようとすると、先に表面が焦げて、商品にならなくなるのです。100%炭で焼かないと本当の違いは出ない、機械ラインの炭火焼きでは手焼きの炭火焼きと同じ食感や味にはなりません。炭で焼くといっても、網焼きではうまくありません。金串を打って焼くことでふっくら感が出てくるんです。網で焼くと鰻自信の重みで身がふっくらしにくいのと、網に熱を取られてしまい、100%鰻に熱が伝わらないのです。金串を打って焼くと、身が金串からぶら下がるような状態になり、中がふっくらとなりやすいんです。 火と鰻の間に何も障害物がないので、100%熱が伝わります。更に、身の中心を通る金串が内側から鰻に熱を伝えていくんです。  
     
鰻の食べ方    
買ってきた鰻の蒲焼きとお店で食べる蒲焼きはなぜこんなに違うのだろう?食べたお店で買ってきても全然違う焼き立ての蒲焼と、焼いてから時間が経ってる(冷凍や冷蔵したもの)蒲焼はどんなに頑張っても同じにはなりません。焼き立ての味をそのまま真空パックというコピーも良く見かけますが、あれは単に焼き立てを真空パックしたに過ぎず、焼きたての味は真空パックできないのです。しかし、真空なので酸素に触れる事による酸化は起こりません。それではあの焼きたての香ばしさとふっくら感は再現できないのでしょうか?90%ぐらいは再現できそうです。電子レンジでの加熱は鰻の味を変えてしまいます。さらに冷めたときどうしょうもないくらい硬くなってしまいます。フライパンの方法をとるなら酒ではなくたれを多目に使うことをお勧めします。湯煎で柔らかくなります。しかし、蒲焼は香ばしさと柔らかさがあっての美味しさです、蒲焼冷凍、解凍などの時間経過によって失われた香ばしさは是非再現しましょう。たとえ冷凍の蒲焼きでも、再加熱で一手間かければこれがいつもの蒲焼きと感動の美味しさが蘇って来ます。 
@ページ目”旬魚鰻(うなぎ)”について

@鰻(うなぎ)について 

A鰻(うなぎ)の食べ方いろいろ   

B鰻(うなぎ)の料理レシピへ
 

 
Copyright (C) 2015〜2020  暦こよみ〜暦〜日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved    
 【PR】