宮城県・山形県~「汁もの」郷土料理

暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典 日本のシンボル「桜」と「富士山」

「汁もの」郷土料理~宮城県・山形県

 暦事典~日本文化を知るために~
 暦いろいろ、社会生活が多様化し、益々高度化する今日、利便性がありちょっと重宝なこよみ、この暦こよみ~暦~日本文化
 いろいろ事典をご紹介。「感動」し「燃焼」し「悟り」ながらも終える日々、多忙な皆さんの日常生活の中に、ご活用ください。
          誕生花     誕生石    お祭り    万年暦    旬の野菜   旬の魚    旬の貝    用語集 
                 
 
TOP  暦1月  暦2月  暦3月  暦4月  暦5月 暦6月  暦7月  暦8月  暦9月  暦10月  暦11月  暦12月 


 HOME
暦こよみ
♪暦
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

♪暦~誕生花
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

花の通販&宅配

♪暦~誕生石
・誕生石の暦

アクセサリーの意味

♪万年暦
・パターン番号表
(平年・閏年)


♪暦~用語解説
・国民の祝日と休日
・日本の年中行事 
・六曜
・五節句  
・雑節

・二十四節気

・干支

・選日
・月齢と月の呼び名

暦~
日本の食文化

・日本の年中行事
と食文化


・年末年始の準備

・和食の基本マナー

・箸の取り扱い方
正しい使い方


♪日本の料理
・全国汁もの
郷土料理

・全国伝統素麺
・土用丑の日鰻料理
・秋の旬きのこ三昧
・冬のごちそう鍋

♪暦~旬の野菜

1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・野菜の栄養と効能
&料理レシピ


・主な野菜の栄養価
比較とその効能


♪暦~旬の魚
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・魚の栄養と効能
&料理レシピ


・主な魚の栄養価
比較とその効能


♪暦~旬の貝
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・貝の栄養と効能
&料理レシピ


・主な貝の栄養価
比較とその効能


暦~
日本の伝統文化

♪暦~全国のお祭り
1月 2月 3月
4月 5月 6月
7月 8月 9月
10月 11月 12月

・日本三大祭り

・日本の祭りについて

・暦~京都の祭り


♪リンク集
・お役立ちリンク集1
・お役立ちリンク集2
・お役立ちリンク集3
・お役立ちリンク集4
・お役立ちリンク集5
・お役立ちリンク集6
インターネット上の
情報及びWeb
サイトを検索して
表示します。

・お役たちリンク集7
・お役たちリンク集8

♪当サイトについて
・管理人プロフィール



≪日本文化と暦≫

        ”全国の「汁もの」郷土料理”宮城県・山形県のページです 

 郷土料理は、日本の四季の旬の素材でその土地から生まれた伝統的な料理方法で調理された
 その土地独自の味でもある。その料理は、故郷の母の手で作られた母の味でもあり、祖母から母へ、
 母から子へと伝承されてきた地方の人々の心のこもった味でもある。
 次ページへ
〇北海道・東北地方 
♪北海道(かぼちゃ汁)・青森県(しじみ汁/長芋すいとん汁/じゃっぱ汁)・岩手県(いものこ汁) 
♪宮城県(はっと汁)・山形県(川ガニ汁/猛宗汁/どんがら汁/納豆汁)
 〇関東地方 
♪栃木県(法度汁)・群馬県(味噌けんちん汁)・茨城県(どぶ汁)
・埼玉県(冷や汁うどん)・神奈川県(けんちん汁)

〇中部地方
♪新潟県(のっぺい汁/スケトの沖汁/くじら汁/いちょっぱ汁)
 
♪富山県(鱈汁/カブス汁/ゲンゲ汁/けんちん汁)   
♪石川県(いとこ汁/めった汁)・福井県(ぼっかけ汁)・静岡県(とろろ汁)・愛知県(ニシ汁)

〇近畿地方
♪大阪府(船場汁)・三重県(おおさ汁)・奈良県(飛鳥汁)・滋賀県(打ち豆汁)
〇中国・四国地方
♪島根県(しじみ汁)・鳥取県(カニ汁)・徳島県(そば米汁)・香川県(どじょう汁)・愛媛県(さつま汁))

〇九州・沖縄地方
♪熊本県(つぼん汁)・大分県(だんご汁)・宮崎県(鯵の冷や汁)・鹿児島県(さつま汁) 
♪沖縄県(中身汁/いかすみ汁/ソーキ汁)


♪はっと汁(4人分)(宮城県登米地方)
小麦粉を練って、薄くのばして季節野菜やきのこ類と一緒に煮るお汁です。あまりの美味しさに
「ご法度」で、はっとと名付けられ、今では家庭の味として親しまれてます。簡単に、すぐ作れるよ
うに白玉粉を混ぜてます。  
♪材料
①薄力粉・・・25g ②白玉粉・・・25g

③油揚げ・・・1枚 ④ごぼう・・・1/3本
⑤にんじん50g ⑥小松菜・・・少々
⑦木綿豆腐・・・1/4丁 ⑧だし汁・・・5カップ
⑨しょうゆ・・・大さじ1 ⑩塩・・・小さじ1
⑪七味とうがらし・・・少々(好み)
♪作り方
①白玉粉に水大さじ2を加え、ざらつきがとれたら、小麦粉を混ぜ合わせ、水少々を加えて、
耳たぶくらいの固さにして練ります。
②鍋にだし汁5カップと、塩、しょうゆを入れます。
小角切りの油揚げ、斜め薄切りのごぼう、半月薄切りのにんじん、小角切りの木綿豆腐を入れ煮ます。
野菜がやわらかくなったら、①を一口大、手に取り、指で薄くのばしてから加えます。
③ ②のはっとが浮き上がって、透き通ってきたら、サッとゆでて4cm長さに切った小松菜を加えて、
一煮立ちさせます。
 ③を器に盛り、好みで七味とうがらしをお好みでふって出来上がりです。
♪川ガニ汁(4人分)(山形県)
最上川では、秋になるとモクズ蟹が大きくなって旬を迎えます。川蟹ですが泥臭くなく、
カニミソが濃厚で、身も美味しく、カニの出汁が出たお汁は最高です。
♪材料
①生きている川ガニ(モクズ蟹)・・・4匹
②ネギ・・・1本 ③味噌・・・適量 ④水・・・適量
♪作り方
①カニをよく洗います。
②鍋に水と生きたままのモクズ蟹を入れて、煮ます。
③火が通ったら味噌を入れて煮込んで出来上がりです。
♪猛宗汁(4人分)(山形県)
鶴岡市湯田川で採れる孟宗味が染み込んだ方が美味しいので、できあがりを冷まして
食べる前に温めるのがコツです。  
♪材料
①孟宗筍(皮つき)・・・約1.5kg ②厚揚げ・・・1枚
③豚肉(脂がある方がおいしい)・・・適当
④しいたけ・・・適当  ⑤酒粕・・・120g
⑥味噌・・・60g  ⑦だし(昆布や鰹節等)・・・適当
♪作り方
①孟宗は、皮をつけたまま、お米のとぎ汁で茹でます。アクを抜きます。1~2時間かけて十分に茹でたら
茹でた鍋のままで冷まします。
②孟宗の皮をむき、水にさらしてとぎ汁を洗い流したら、孟宗を適当な大きさに切ります。(穂先は縦切り、
他は丸切りや三日月切りで)
③だし汁に切った孟宗を入れて火にかけ、沸騰させ、適当な大きさに切ったしいたけ・豚肉・厚揚げを
入れて、筍が柔らかくなるまで煮ます。
♪どんがら汁(4人分)(山形県庄内地方)
冬の寒い時期、地元の岩場の海岸で取れる岩ノリを沿えたどんがら汁が体を温めます
冬に産卵のため回遊してくる鱈は「寒鱈(かんだら)」身以外の、内臓や頭・骨・ヒレ
などのアラ(ドンガラ)が深みのある味を出し、寒鱈汁の主役となるので、「どんがら汁」と
いわれますクリーミーで濃厚な味を出す肝臓は「脂ワダ」・雄の白子(精巣)は「ダダミ」
と呼ばれ、どんがら汁にはかかせません 
   ♪材料
①生たら切り身・・・4切 ②脂ワダ(肝臓)・・・60g
③ダダミ(白子)・・・100g ④鱈の頭・骨・・・400g
⑤岩ノリ・・・適当
 ⑥とうふ・・・1丁
⑦長ねぎ・・・1本 ⑧出し昆布・・・10cm
⑨みそ・・・160g ⑩酒粕・・・40g
♪作り方
①鱈の身と頭・骨・脂ワダ(肝臓)を一口大に切ります。豆腐は大ぶりに、
ネギも適当な大きさに斜め切りに。
②鍋に出し昆布と水を入れ、沸騰したら昆布をとり、脂ワダ(肝臓)を入れ、ひと煮立ちさせます。
③鱈の頭・骨を入れ、アクをよくすくいとりながら、中火で5分~6分煮ます。
④みそと酒粕を溶いで入れ、味を調えます。
切身を入れ5分程煮ます。
⑥豆腐・ダダミ(白子)・ネギを入れ、ひと煮立ちしたら火を止めます。
⑦盛り付けたら、岩ノリをのせて出来上がりです。
♪納豆汁(4人分)(山形県)
七草を揃えるにも雪が深くて困難だったので手に入り易く身体に良いもの
を代用したとききます。 
 
♪材料
①人参 ・・・30g ささがき ②ごぼう ・・・20cm ささがき
③大根 ・・・5cm いちょうきり ④こんにゃく ・・・1/4 短冊きり
⑤納豆 ・・・1パック ⑥芋がら ・・・1本 ⑦豆腐 ・・・1/2丁 
⑧油揚げ ・・・1枚 ⑨だし汁 ・・・1000cc ⑩味噌 ・・・120g
⑪ねぎ・・薬味(みじん切り) ⑫せり・・ 薬味(みじん切り)
 
♪作り方
①鍋にだし汁を入れ、納豆、豆腐以外を入れ煮ます。
②軟らかくなったら味噌の半量を入れます。
③納豆と味噌をすり鉢ですり汁だけを入れ伸ばします。
④3を鍋に戻し豆腐をいれ少し火にかけて出来上がりです。お椀にもり薬味をかけていただきます。



Copyright (C) 2015~2020  暦こよみ~暦~日本文化いろいろ事典  All Rights Reserved
【PR】